news

感染症対策として取組み

新型コロナウィルスの感染者が、国内でも増えてきており、県内でも増加を抑えれるかどうかの境目とも言えます。
改めて、感染予防に大切なことを確認したいと思います。自分とその周り大切な友人、家族の為に…
①手洗いを徹底 
 例えば、ドアノブやお店の机や椅子にもウィルスが付着していることがあります。それらに触れることで自分の手や衣類にもウィルスが付着していることがあります。外出から帰宅時は、もちろん、調理する際や食事の前などこまめに手洗いをしましょう。*手洗いしない手でご自身の顔などは絶対触らないようにしましょう。感染リスクを高めます。接触感染がかなり多いようです。

②普段から健康管理を、免疫力を高める。
 普段から、バランスの良い食事と十分な睡眠を心がける。(8時間は睡眠時間を確保しましょう。) 徹底しましょう。
③室内の乾燥を避けるのと換気を必ず行う。
 空気が乾燥すると、ウィルスが飛散し易い環境になるそうです。のどの粘膜の潤いは感染防御機能に良い影響を与えます。ご家庭や職場では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。咳エチケットにも十分気をつけましょう。

当院では、軟組織を含む口腔内を清潔に保つことや機能を保つ事は、インフルエンザを含む感染症の予防、重症化防止の為とても重要な事であると考えます。しかしながら状況下あらゆる感染から、患者様と私達スタッフを守る為、除菌徹底(ユニット周り、診療室全体に定期的なアルコールと次亜塩素酸水)、患者様ごとの器具滅菌。またアポイント間隔を普段より空ける。換気をしっかり行う。ユニット周りの除菌を徹底する。診療時には、口腔外バキュームと口腔内バキュームを徹底して使用する等行っております。
この為、通常より万全を期して予約数を減らして、診療を行なっています。矯正初診や、小児大人の予防処置に関しては診療を行なっております。外科的な処置に関しては、基本的に最低限の処置に留め、急を要さない処置は延期させて頂きます。
また問診票の項目を増やし、診療に関して書面で確認できることを増やしすよう工夫をしています。スタッフの健康管理も徹底してまいります。入退室の際は玄関に消毒液があるのでご使用下さい。待合い室では、間隔を開けて着席いただくのと、マスクの着用のご協力をお願い致します。

体調が、優れない方、発熱している方は、来院をお控えいただくようお願い致します。また、新型コロナ感染者の濃厚接触者の方も保健所による経過観察が終了するまでは必ず絶対に自宅待機していただくようお願い致します。海外渡航歴がある方も同様にお願い致します。 

免疫力を高め、無理なさらず、皆んなで乗り切りましょう。暖かくして毎日十分な睡眠をとりましょう。

山梨県中央市 今村歯科医院
TEL055-273-6485

この記事をシェアする